CAD・DTP


− 入門からプロ志向まで −
CAD とは Computer Aided Desin の略で、パソコンを使って 建築・土木・機械・電気等の図面(設計・施行・見取り図等)を作成することです。

教室では、CAD の中でも最も応用がきき、多くの企業の導入されている Auto CAD と JW CAD を使用し、ツール・コマンド等の基本から、 オブジェクトスナップ・編集コマンドなどを使い、図面・作成が習得できます。

DTP とは、Desk Top Publishing の略で、パソコンを使って、印刷物等本・ ポスター・チラシ・新聞・カタログ・看板広告塔を作成することです。

教室では定番ソフトである PhotoShop ・ Illustrator を使用し ツール・パレット等の基本から、写真の補正・フィルターなどを使い 印刷物の手法を習得できます。